KSを狙う

こんばんは。
ご訪問ありがとうございます。

今回はあえてKSを狙う事について書きたいと思います。

KSは狙ってなんぼ


LOLをプレイする中で皆さん一度は「KSするなw」と言っている人を見かけた事があると思います。簡単にご説明するとKSとは「Kill Steal」(キル・スティール)=キルを取らないでという意味です。

自分で倒せる場面だったのに、横から味方にキルを横取りされた時などに悪い行為として使われるのが一般的です。

しかしLOLでは自身がMID、ADCもしくはTOPのどれかであれば、KSを狙った方が良いです。
理由は簡単でアシストよりキルの方がたくさんGoldを稼げるから。

逆にJungleやSupportの人はキルを譲る意識を持って、他にGoldを集めた方が有利にゲームを進める事が出来るということを理解しておく必要があります。

特に気を付ける事は2つ。

1つは相手を倒せるかどうか分からない際どい場面でこれをやると「倒せると思って譲ったのに相手を取りにがした」という事にもなるので、確実に倒せる場面でだけにしてください。

2つめは誰からキルを取るかです。
MIDやADCから何気ない顔で横から「ペチーンw」とか言ってキルを横取りすると大変な事になるので気を付けて下さい。内部崩壊の火種になります。

KSにはテクニックもある


上記で述べたように自身がTOP、MID、ADCであればJungleやSupportにキルを取らせないようにダメージを調節するのが上手なプレイヤーです。

SoloQでは誰も信じるな。という名言があるように(勝手に作った)

キルを譲る意識を持っていない人もSoloQにはたくさんいるので、自身で調節する必要があるということです。

あくまで確実にキルを取れる場面でだけですが、バーストスキルを温存したりオートアタックをキャンセルしたりをばれないように行うというのも一つのテクニックです。

逆にSupportやJungleの人は早めにバーストスキルを打ってあげれば、他の人に上手くキルを渡せて、誤ってキルを取ってしまったという事も減ると思います。

まとめ


あまり意識している人は少ないかもしれませんがCarryにGoldを集めるというのはかなり大事な事です。相手のCarryより味方のCarryを早く育て上げれば有利にゲームを進めれます。

この辺を理解している人たちは、やっぱりSoloQのレートがすぐ上がりますし上手い人が多いです。

特に長年LJLの上位チームであるDFMやRampageはとにかく徹底しています。
こういった部分も知っていれば、また楽しんでLJLを観戦できるのではないかなと思います。

以上です。
最後まで読んでいただきありがとうございました。







この記事へのコメント